講演会:狩俣先生の沖縄・祭りのお話と古謡『沖縄県・竹富島の祭りと伝承』 10/20(土)のご案内

ご縁をいただきました沖縄国際大学特任教授の狩俣恵一先生を
岩井窯にお迎えし【沖縄県竹富島の祭りと伝承】と題し、

沖縄・竹富島に伝わる種取祭の伝承についてのお興味深いお話と古謡を

聞かせていただけることになりました。
この貴重な機会に是非、お出かけください。

 

 

写真1.jpg


暖かい南の島の農耕は、旧暦9月〜旧暦10月に種子を蒔いて、夏の台風が襲来する前に収穫します。

農耕に関わる主な祭りでは由来伝承・古謡(三線を用いない歌)・芸能などを豊かに伝承しています。

今回は、私自身が伝承者となって、由来伝承を語り、祈りの言葉を唱え、古謡を歌うことにしました。

歌を交えた講演は初めてです。

「歌の力」「声の力」を借りて、皆さまとともに、沖縄の古層の精神世界を味わいたいと思います。
沖縄国際大学特任教授 狩俣恵一


狩俣先生の沖縄・祭りのお話と古謡
『沖縄県・竹富島の祭りと伝承』
 講演:狩俣恵一(かりまた・けいいち)

日時:2018.10.20(土) 14:00〜15:30(開場13:30)
会場:クラフト館 岩井窯    
料金:無料(ご予約をお願いします)

狩俣恵一(かりまた・けいいち)プロフィール
1951年沖縄県竹富島生まれ。沖縄国際大学総合文化学部特任教授。博士(民俗学)。奄美沖縄民間文芸学会代表委員。日本口承文芸学会理事。『竹富島小浜島の昔話』『琉球の伝承文化を歩く―西表・黒島・波照間の昔話』『芸能の原風景』『種子取祭』『南島歌謡の研究』などの編著書の他、論文多数。専門は、琉球・沖縄の祭り・歌謡・説話・芸能の研究。明治生まれの古老から、沖縄の民俗・歌謡・説話・芸能の聞きとり調査を行う。趣味は芸能鑑賞と古謡を歌うこと。竹富島の種子取祭芸能の子役として出演、長じて組踊「父子忠臣」(くみおどり「ふしちゅうしん」)の山城之比屋(ヤマグシクヌヒャ)役で出演。

-こちらもどうぞご利用下さい-
■喫茶HANA 限定ランチ 11:00→14:00
・特製沖縄風そば 
・山本家のおうちごはん〜沖縄風〜 

■珈琲まるたつ出張カフェもあります。11:00→16:00

■参加ご希望の方は
岩井窯ホームページよりご予約フォーム(https://ssl-501.net/iwaigama/form.php?fno=2

お電話・メール・メッセージでご予約下さい。



blog calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

営業カレンダー

↓クリックすると拡大します
クラフト館 岩井窯営業カレンダー

クラフト館 岩井窯 Facebookページ

TweetsWind

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM