MINGA ライブフォト2

↓リハーサル風景



↓ライブ風景






↓早坂紗知さん →MINGA日記


↓コスマス・カピッツァさん


↓永田利樹さん


↓新澤健一郎さん →K.Shinzawa Official Website

MINGA ライブフォト1

6月3日のライブ写真です。


オレンジページに載ってます

ただいま発売中の雑誌「オレンジページ」6月17日号の〜ようこそ鳥取〜の特集記事の中にクラフト館 岩井窯も載ってます。どうぞご覧になってみてくださいね。

mingaライブ2006 

昨夜、mingaライブ無事終わりました〜 本当に素晴らしいライブでした。ひとつ大変だったのは寒かったこと。夜は気温がぐっと下がり急遽防寒着を用意した程でした。でもライブはとっても熱く盛り上がりました!今回は中庭の真ん中にステージを作りお客様にそれを囲んでもらう形にしました。主催の立場から言うのも何ですがこんな贅沢なライブってないと思ってしまいましたニコニコマイナスイオンたっぷりの澄んだ空気の中で蛙の声も音色と一体となり何より早坂さんはじめmingaのメンバーの方自身がその空間と時間をめいっぱい楽しんでおられたのが嬉しかったです。また元気もらいました。寒い中お越し下さったお客さま、本当にありがとうございました。

写真をクリックすると画像が大きくなります


岩井窯の中庭の真ん中にステージを




迫力の演奏 カッコイイ〜




移動販売車chaiyaさん 大繁盛!





穂先タケノコの説明と試食  (詳しくは昨日のブログをご覧下さい)

 







穂先タケノコ

タイトルを見て、穂先タケノコとは何ぞや?と思われた方も多いことでしょう。近年、竹林が近隣の造林地に侵入して材木に及ぼす被害の拡大が懸念されているのだそうで、竹林拡大は人が里山に入らなくなったのが大きな要因なのだそうです。実はこの竹、穂先が食べられるんですよ。九州の方では以前から食べられているとか。このたび鳥取県林業試験場の試みにより、「穂先タケノコは食べてみると結構美味しい」ことを宣伝するのを目的に明日のmingaライブの会場でこの穂先タケノコを試食していただく準備をしています。普通のタケノコと同じ要領でアク抜きをすれば大変美味しく食べられます。昨日持ってきていただいた穂先タケノコをアク抜きして水にさらしました。明日のライブに来られた方はもれなく召上っていただけますのでどうぞお楽しみに!


↑これが穂先たけのこです。


↑皮をむいています。


↑米ぬかと鷹の爪を入れてやわらかくなるまで煮ています。


↑水にさらしています。


blog calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

営業カレンダー

↓クリックすると拡大します
クラフト館 岩井窯営業カレンダー

クラフト館 岩井窯 Facebookページ

TweetsWind

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM